【ビジネスワイヤ】臨床ゲノム・インフォマティクス大手の米PierianDxは、リンジー・マテオ氏を最高業務責任者(CBO)に任命したと発表した。マテオ氏はテンパス、NAVICAN、Genoptixの各社で商業活動担当幹部を歴任。PierianDxでは、業界内での提携関係を確立しながら、がんおよび遺伝性疾患を治療するための臨床ゲノミクス・ソリューションの普及に努める。(C)時事通信社