【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、同社の検温機能搭載パルスオキシメーター「Rad-G」でCEマークを取得したと発表した。同製品は非接触型の赤外線検温に加え、酸素飽和度(SpO2)、脈拍数(PR)、灌流指標(Pi)、脈波変動指標(PVi)、プレチスモグラフによる呼吸数(RRp)のモニタリングが可能。警報機能を備えることで、スポットチェック測定のほか連続モニタリングにも使用できる。小型・軽量で携行性があり、充電式バッテリーは24時間駆動する。廉価を実現し、低中所得国でも広範な人々が利用できるようにした。(C)時事通信社