オフィス仲介の三鬼商事が11日発表した2月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は、前月比0.42ポイント上昇の5.24%だった。12カ月連続で上昇し、2015年4月(5.34%)以来、5年10カ月ぶりの高い水準となった。新型コロナウイルス感染拡大を受けたテレワークの普及で、オフィスを縮小・集約する動きが続いている。
 20年2月は1.49%だった。空室率はわずか1年で3.75ポイントも上昇し、適正水準の目安とされる5%を上回った。オフィスの解約は半年前までに通告するのが慣例で、空室率への影響は遅れて出やすい。コロナ禍が続く中、空室率は一段と上昇する可能性がある。 (C)時事通信社