日本相撲協会は11日、小野川親方(元幕内北太樹)=山響部屋=と音羽山親方(元幕内天鎧鵬)=尾上部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。春場所(14日初日、東京・両国国技館)を前に年寄、力士の計750人がPCR検査を受けていた。両親方は休場する。
 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば、今後は2人が所属する部屋の力士に濃厚接触者がいるかを調査する。協会の社会貢献部で両親方と接触した他の親方や職員も、13日に再検査を受ける予定。 (C)時事通信社