【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは11日、同社の新型コロナウイルスワクチンについて、無症状のコロナ感染を予防する効果が94%に上ったとするイスラエルでの調査結果を発表した。無症状の人からも感染が広がるリスクがあるため、「感染拡大防止においてとりわけ重要な発見」(同社)だとしている。
 発表によれば、2回目の接種から2週間後の時点で、無症状感染の予防効果が確認されたほか、有症状感染やコロナによる入院、死亡を防ぐ効果も少なくとも97%に達した。
 イスラエル当局は、ファイザーのワクチンの接種を受けた人と、未接種の人の感染や入院状況などを比較。分析当時、イスラエル国内のウイルスは8割超が英国型の変異ウイルスだったため、ファイザーは今回のデータで「(感染力が強いとされる)南アフリカ型変異ウイルスへの効果を評価することはできない」と説明している。
 ファイザーのワクチンは臨床試験(治験)で95%の予防効果が示されており、実際の接種でも同程度の効果が確認された形だ。治験では無症状感染への効果は未確認だった。 (C)時事通信社