【ワシントン時事】バイデン米大統領は11日、ホワイトハウスで国民向けに演説し、新型コロナウイルスのワクチンに関し、5月1日までに米国の全成人が接種を受けられるよう知事らに指示すると表明した。また「7月4日の独立記念日までに国を平常の状態に近づける」と目標を発表した。
 バイデン政権はこれまで「米国の全成人へ接種できる十分なワクチンを5月中に入手する」と表明していた。米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発したワクチンの追加購入を進めていることなどを背景に、目標を前倒しした形だ。
 バイデン氏は演説で、マスク着用や社会的距離の確保など感染防止策を続けるよう呼び掛けるとともに、感染拡大を受けたアジア系住民への嫌がらせ増加を「米国らしくない」と非難した。その上で、ワクチン接種が進めば「皆さんの協力で、素晴らしい独立記念日を祝うことができる」と訴えた。
 疾病対策センター(CDC)によると、7日間の平均でみた米国内の1日当たりの新規感染者は、このところ6万人前後と、1月中旬のピークから4分の1程度にまで減少。今月11日時点で国民の2割に相当する6400万人強が、少なくとも1回のワクチン接種を受けた。 (C)時事通信社