丸川珠代五輪担当相は12日の閣議後の記者会見で、中国オリンピック委員会が東京五輪・パラリンピックの参加者向けに新型コロナウイルスのワクチンを提供すると申し出たことに関し、「(東京大会参加は)ワクチン接種を前提としない原則は変えない」と述べ、これまでの政府の認識を改めて示した。
 中国の申し出は、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が11日に公表。丸川氏は「バッハ会長は、中国のワクチンが承認された国においてのワクチン供給に触れているという認識。承認された国で判断することだろうと思う」としながらも、東京大会はワクチンに頼らず、万全な感染症対策を講じて開催するとの認識を強調した。 (C)時事通信社