参院自民党はコロナ禍の中で開催される見通しの東京五輪・パラリンピックに各国から選手団を確実に派遣してもらうため、若手らが手分けして在京大使館に働き掛ける方針を決めた。選手の数が多い国を中心に要請文を届ける。同党の世耕弘成参院幹事長が12日の記者会見で明らかにした。
 世耕氏は「五輪に向け機運を高めていかなければならない」と強調。「選手の安全は日本が責任を持って守り、(海外の)観客が入らない場合は日本人が代わりにあなたの国の選手を応援する、というメッセージを伝える」と語った。 (C)時事通信社