J・フロントリテイリングは12日、傘下の大丸松坂屋百貨店で女性向け高級衣料品のサブスクリプション(定額制)サービスを開始すると発表した。月額1万1880円(税込み)で、国内外50の高級ブランドの服を毎月3着まで着用できる。大手百貨店では初の試みとみられ、新型コロナウイルス禍で衣料品販売の低迷が進む中、新しい百貨店の事業モデルを模索する。
 新サービスの名称は「アナザーアドレス」。専用サイトで12日から事前登録を受け付け、4月1日からサービスを始める。月額料金には送料やクリーニング代も含まれ、注文した衣料品の交換や買い取りも可能。5年後に年間売上高は約55億円、会員数3万人規模を目指す。 (C)時事通信社