新型コロナウイルスワクチンについて、6月までに最大で1億回分を超える分量を確保できる見通しとなった。河野太郎規制改革担当相が12日の記者会見で今後の供給計画を公表した。高齢者全員分を予定の6月末までに自治体に供給できる計算だ。
 政府が当面想定するワクチン接種の対象者は、医療従事者(先行接種)約4万人▽医療従事者約480万人▽高齢者約3600万人。それぞれ2回打つことになっており、必要量は約8200万回分となる。 (C)時事通信社