全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは12日、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、河野太郎規制改革担当相とテレビ会議で意見交換した。飯泉氏は冒頭、「高齢者が安心して受けられる体制をお願いしたい」と要望。副反応に関する詳細な情報開示を求めた。
 知事会側は、ワクチンの供給時期を明確に示すことや、厚生労働省の「ワクチン接種円滑化システム」(V―SYS)などについて自治体の弾力的な運用を認めるよう要請。河野氏は供給について「そろそろ(詳しい)日程をしっかりと自治体に示し、準備していただくフェーズ(段階)になっている」と述べた。 (C)時事通信社