菅義偉首相が4月前半にも米国を訪問し、バイデン大統領と会談する。政府が12日発表した。バイデン氏が就任後、対面で会う初の外国首脳となる見通し。日米同盟の連携を確認するとともに、新型コロナウイルス対策や地球温暖化問題、東アジア情勢などをめぐり協議する。
 政権幹部によると、4月第2週の後半で日程を調整している。首相は12日の政府・与党連絡会議で自身の訪米に触れ「諸般の事情が許せば来月前半には米国ワシントンを訪問する。最初の外国首脳としてお迎えをいただく。この機会を生かし、日米同盟のさらなる強化につなげていく」と語った。
 その上で、新型コロナ、地球温暖化、中国をめぐる諸課題、北朝鮮による拉致問題が主な議題になると説明した。 (C)時事通信社