【サンパウロ時事】ブラジル保健省は12日、新型コロナウイルスの累計感染者が1136万3380人、死者は27万5105人となったと発表した。感染者数はインドを超え、再び米国に次いで世界2番目の多さとなった。死者数も2番目。前日から感染者は8万5663人、死者は2216人増加した。
 ブラジルでは各地で2月中旬のカーニバル連休が取り消され、サンバパレードなどの恒例行事も取りやめになった。当局は外出自粛を呼び掛けたものの、多くの市民が例年通り旅行に出掛け、これが感染者や死者の急増につながった可能性がある。 (C)時事通信社