気象庁は14日午後、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。1953年の統計開始以来、東京では昨年と並んで最も早い記録。平年に比べると12日早かった。1週間程度で満開になる見込み。
 松江市と長崎市の標本木でも開花が発表された。松江は過去最も早かった2004年の3月21日、長崎は1990年の3月15日の記録を更新した。これで今春は11日の広島市、12日の福岡市と共に、いずれも最も早い開花記録となった。
 桜の花芽は夏に形成されて休眠し、冬に厳しい寒さになると目覚める。日本気象協会によると、今冬はこの過程が順調に進み、1月後半からは暖かい日が多かったため成長が促された。今後も各地で平年よりかなり早い開花が予想される。
 首都圏は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が続いており、千代田区は「さくらまつり」を中止。上野公園はシートなどを広げての飲食を禁止している。 (C)時事通信社