【ビジネスワイヤ】医療技術のジーエヌコーポレーション(GNC、山梨県甲府市)は、江戸川病院(東京都江戸川区)が、関節軟骨修復治療に使用できる可能性のある軟骨細胞の培養に成功したと発表した。同院は、3次元組織工学プラットフォームを用い、軟骨前駆細胞や間葉系幹細胞を培養することに成功。人工的なリプログラミングや動物性タンパク質、フィーダー細胞は不要だった。臨床的検証を経て、自家軟骨細胞移植(ACI)やマトリックス補助軟骨細胞移植(MACI)の治療に使用できる可能性がある。結果はThe・KNEE誌に掲載された。(C)時事通信社