河野太郎規制改革担当相は15日の参院予算委員会で、海外で新型コロナウイルスワクチンの接種済み証明書の公的な活用の動きが出ていることについて「国際的にワクチンパスポートが必要という状況になれば日本も検討せざるを得ない」との考えを示した。一方、「国内で証明書を使うことは今のところ考えていない」とも語った。 (C)時事通信社