旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が15日発表した2020年11月~21年1月期決算の連結純損益は79億円の赤字(前年同期は21億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で主力の海外旅行を中心に需要が消失し、業績低迷が続いている。
 売上高は前年同期比80.5%減の388億円。コロナ禍で旅行事業やホテル事業の落ち込みが目立った。エネルギー事業は増収だったが、電力卸価格が急騰した影響で営業損益は赤字に転落した。
 21年10月期の業績予想は未定とした。また、業績立て直しに注力するため、11月に予定していた持ち株会社化の延期を決めた。 (C)時事通信社