菅義偉首相は16日、政権発足から半年を迎えたことを受け、新型コロナウイルスの感染収束を見据え、「日本が経済的にも活力を取り戻し成長するよう、デジタル、グリーン、地方活性化に取り組む」とした上で、「働く内閣として一つ一つ結果を出していく思いで頑張っていきたい」と決意を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は、政府の新型コロナ対応に触れ、「感染拡大を食い止め、安心できる日常を一日も早く取り戻すことができるように、最優先で取り組んできた」と強調。携帯電話料金の引き下げや不妊治療の助成拡充などを挙げ、「約束した政策を国民にスピード感を持って届けることができた」と成果をアピールした。 (C)時事通信社