【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は16日、企業などが従業員らに新型コロナウイルスのワクチン接種を受けさせる際のガイドライン(指針)を公表した。この中で、十分な設備のある大企業などを念頭に、職場での接種を検討するよう雇用主に促した。
 職場での接種が可能なのは「決まった時間に勤務する多数の従業員がいる」「接種プロセスを通し社会的距離を確保できるスペースがある」などの条件を備えた企業や団体。企業内に接種資格を持つ医療スタッフがいない場合、外部からスタッフを呼ぶ必要がある。
 十分なスペースなどを確保できなかったり、従業員の勤務場所や勤務時間が多様だったりする場合は、職場外での接種を検討するよう推奨した。米国では病院・保健所のほか、既存施設などを利用した臨時接種会場や指定のドラッグストアなどで、接種を受けることができる。 (C)時事通信社