厚生労働・文部科学両省は17日、家族の介護や世話を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の支援を検討するプロジェクトチーム(PT)の初会合を開催した。共同議長の山本博司厚労副大臣は「必要な支援が届かず、年齢や成長に見合わない過度な負担となっていることが問題。青春は一度きりなので、スピード感をもって取り組みたい」と強調。5月をめどに支援策を取りまとめる方針を表明した。
 政府がヤングケアラーに特化した支援を検討するのは初めて。経済財政運営の基本方針「骨太の方針」に盛り込みたい考えだ。 (C)時事通信社