【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は17日、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたことを示すEU共通の証明書導入案を発表した。未接種者との公平さに配慮しコロナ感染の回復歴や検査結果も記録。紙かデジタル形式で無料で取得できる。
 感染拡大抑制のため加盟各国が導入している域内の移動制限緩和を促す。加盟国や欧州議会の承認を経て夏の観光シーズン前の導入を目指す。
 フォンデアライエン欧州委員長は記者会見し、証明は「責任があり信頼できる安全な方法で、加盟国が移動の自由を回復するのを手助けするためのものだ」と強調した。
 証明はQRコードを空港などで読み取る仕組みとする。自主隔離や検査義務などの移動規制をどう緩和するかは国ごとに決定。EU域外からの渡航者は、渡航先の加盟国に必要な情報を提出し、認められれば証明を取得できる。 (C)時事通信社