【ニューヨーク時事】米娯楽大手ウォルト・ディズニーは17日、米西部カリフォルニア州のテーマパーク「ディズニーランド」の営業を4月30日に再開すると発表した。同州の規制緩和を受けたもので、再開は昨年3月以来約1年1カ月ぶりとなる。新型コロナウイルス禍の打撃を受けた娯楽産業にとって、本格回復に向けた象徴的な動きと言えそうだ。
 カリフォルニア州は今月5日、コロナ感染者数減少やワクチン接種進展を踏まえ、入場制限などは求めるものの、テーマパークの再開を4月1日から容認すると明らかにした。ディズニーのチャペック最高経営責任者(CEO)は米CNBCテレビに対し、再開時は入場者数を最大許容人数の15%程度に制限すると表明。事前の入場予約、マスク着用などが必要になるという。 (C)時事通信社