自民党の竹下亘元総務会長は18日、衆院解散・総選挙の時期について「新型コロナウイルスに一定のめどがつかなければ、動かないのでは」との見方を示した。「これは私の個人的な観測で、全ての権限は菅義偉首相一人に集約される」とも述べた。同党本部で記者団に語った。 (C)時事通信社