三重大は18日、医薬品研究開発会社「バイオコモ」(三重県菰野町)と開発を進める鼻の粘膜に噴霧するタイプの新型コロナウイルスワクチンについて、動物実験の結果、ウイルス量が大幅に減少する効果を証明したと発表した。変異ウイルスに対応するワクチン候補も開発中で、連携する製薬会社などを今後募集し、1年以内の臨床試験などを目指す。
 減少効果の実験は、東京大医科学研究所と理化学研究所との共同研究で実施。鼻にワクチンを投与後、新型コロナに感染させたハムスターは、11週間後に肺のウイルス量が1億分の1未満に減少。ワクチンを2回投与したハムスターは、鼻の部分のウイルス量が100万分の1未満に減ったという。
 三重大大学院医学系研究科の野阪哲哉教授らによると、開発中のワクチンは無害化した別のウイルスに新型コロナウイルスの遺伝子とタンパク質を付着させたもので、投与すると新型コロナの抗体が作られる。遺伝子改変しており、体内でウイルスは増殖しない。鼻に噴霧するため注射より投与が容易で、上気道でのウイルス増殖を抑えることで、感染拡大防止も望めるという。 (C)時事通信社