【パリ時事】フランスのカステックス首相は18日、記者会見し、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、パリ首都圏を含む一部地域で規制を強化すると発表した。20日から4週間、生活必需品を扱う店以外の店舗が休業となり、不要不急の移動が制限される。
 制限強化対象地域では、自宅から半径10キロ圏内の移動のみ可能だが、学校は閉鎖されない。カステックス氏は「感染は急速に拡大している。これまでと違うのは、ワクチンという希望があることだ」と述べ、理解を呼び掛けた。 (C)時事通信社