【グローブニューズワイヤ】米国時間3月17日、株式会社メディロム(本社:東京都港区、代表取締役:江口康二)は、事業進捗(しんちょく)状況を示す月次の経営指標を公表した。それによると、2021年2月末の店舗数は、主にスパ施設への出店により、前年同期の286店舗から302店舗に増加した。総提供顧客数は、2020年2月の6万1307人に対し、2021年2月は5万6370人となった。減少の主な要因は、COVID-19対策に伴う営業時間の短縮。顧客1人当たりの売上高は、2020年2月の6235円から2021年2月には6443円となり、3%増加した。(C)時事通信社