東京都は19日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づき、午後8時までの営業時間短縮要請に応じていない飲食店5店に命令を出した。従わなければ30万円以下の過料が科される。
 都はこれまで、緊急事態宣言下で適用できる特措法45条に基づき、129店に時短営業を要請。18日には要請に応じてない27店に全国で初めて時短を命令した。午後8時以降も営業を続けているかどうか確認を進めている。 (C)時事通信社