コロナ禍の中、さまざまな感染対策を講じて開幕した選抜大会。開会式で萩生田光一文部科学相は「今大会がコロナ禍を乗り越える希望の光となる、素晴らしい大会になることと信じている」とあいさつ。順調に試合を消化できれば31日に決勝を迎えるが、「大会の全日程が予定通り開催できるよう、引き続き万全の感染症対策をお願いしたい」と述べた。
 前回大会の中止を乗り越えて迎えた今大会。日本高校野球連盟の八田英二会長は「整列する皆さんの姿を見ると感慨もひとしおで、胸に迫るものがある」と実感を込め、「どんな時でも希望を胸に、目的に向かって挑戦を続けてほしい」と激励した。 (C)時事通信社