【ソウル時事】韓国のソウル市が17日に外国人労働者を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を受けるよう求める行政命令を出したが、「外国人差別ではないか」との批判が高まり、19日になって撤回に追い込まれた。
 今年に入り、外国人の感染者の比率が急激に増えたため、ソウル市は市内で働く外国人労働者全員に3月末までにPCR検査を受けることを義務付ける行政命令を発出。検査を受けない場合は、200万ウォン(約19万円)以下の罰金も定めた。
 しかし、スミス駐韓英国大使が「こうした措置は公正ではない」と批判。韓国政府の防疫当局も「外国人に対する差別や人権侵害が発生しないように」と、ソウル市に撤回を求めた。市側もこれを受け入れて命令を撤回し、「危険度の高い3密職場」に対する「検査勧告」に変更した。 (C)時事通信社