全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は20日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス対策をめぐる政府への提言をまとめた。首都圏1都3県に対する緊急事態宣言が21日で解除されることを受け、リバウンド(感染再拡大)の防止に向けた積極的疫学調査の徹底や、ワクチン接種の円滑な実施への支援などを求めた。
 提言では、変異ウイルスへの対応を含め、積極的疫学調査による感染ルートの探知や、大規模なPCR検査の実施を要請。ワクチン接種については、供給量や時期に関する情報の速やかな提示のほか、副反応に対応するマニュアルの整備なども求めた。 (C)時事通信社