企業再生を手掛けるニューホライズンキャピタル(NHC、東京)の安東泰志会長が20日までにオンライン取材に応じ、地域経済を支える中小企業の立て直しに向け、今夏にも300億円規模のファンドを立ち上げる考えを明らかにした。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた企業が抱える債務を地方銀行などから買い取り、資金繰りを改善、成長を支援する。
 政府の緊急事態宣言が解除されてもコロナ収束は見通せない。中小企業の財務強化や事業改革を通じて地域経済の活性化を図る。 (C)時事通信社