バレーボールのVリーグ1部(V1)男子は20日、大阪市のおおきにアリーナ舞洲などで行われ、サントリーは大分三好を3―0で下し、29勝2敗、勝率9割4分となり、3試合を残してレギュラーラウンドの1位が確定した。プレーオフは決勝から出場する。
 新型コロナウイルスの影響で中止となった試合の代替開催が難しいため、Vリーグは今季の順位決定方法を勝利数から勝率に変更した。 (C)時事通信社