埼玉県の大野元裕知事は21日のフジテレビ番組で、県内で一部競技が開催される東京五輪・パラリンピックに関し、選手団の中で新型コロナウイルスの感染が拡大するケースなどを挙げ、県独自の判断で無観客とする可能性に言及した。
 大野氏は番組で「(コロナ対策の特別措置法などに基づく)権限を持っている知事は同時に責任を持っている。どうしてもやらなければいけないときには、埼玉県についてはこうしますと言わざるを得ない」と述べた。 (C)時事通信社