新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課などは21日、詐欺容疑で総務副大臣の熊田裕通衆院議員(愛知1区)の事務所元スタッフで会社役員加藤裕容疑者(34)=名古屋市中村区=ら4人を逮捕した。加藤容疑者は自民党関係者を名乗って不正受給を持ち掛けていたとみられ、県警が詳しい経緯を調べている。
 他に逮捕されたのは、行政書士檀野真澄(71)=三重県鈴鹿市=、会社役員永井大貴(27)=名古屋市中区=、アルバイト森本塁(21)=高松市=各容疑者。県警は認否を明らかにしていない。
 関係者によると、加藤容疑者は2020年5月、名古屋市で開催されたセミナーで自民党関係者を名乗り、「確定申告をすれば問題ない」などと参加者に給付金詐取を持ち掛けていたとされる。
 熊田議員の事務所によると、同容疑者は19年10月からボランティアスタッフとして街頭演説や党員集めなどを手伝っていた。その後、無断で自民党関係者の肩書を使ってセミナーで講師をしていたことが分かり、事務所への出入りを禁止したという。
 逮捕容疑は20年7月、受給対象者でない森本容疑者を個人事業主と偽るなどして中小企業庁に給付金を電子申請し、100万円を詐取した疑い。 (C)時事通信社