オリエンタルランドは22日、運営する東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の営業時間について、4月1日から延長すると発表した。入場者数の上限も、両パークでそれぞれ1日当たり2万人(現在1万人)まで引き上げる。いずれも4月18日までの措置で、その後は改めて検討する。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、両パークとも現在は午前10時から午後7時までの時短営業を続けている。4月からは、開園時間をいずれも午前9時に繰り上げ、閉園はTDLが午後8時、TDSは午後9時まで延ばす。公共交通機関の混雑対策として、両パークの閉園時間を1時間ずらすことにした。
 また、車での来場を促すため、駐車料金も従来(平日2500円、土日祝日3000円)から値下げし、1日1000円とする。 (C)時事通信社