加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルスをめぐる政府対応の検証に関し、「事態が収束した段階で、当然取り組んでいく必要がある」と述べた。新型コロナ対応を統括する内閣官房の対策推進室で超過勤務が常態化していることについては、「超過勤務削減を進めるとともに、関係省庁の協力を得ながら人員増にも取り組んでいる」と語った。 (C)時事通信社