経団連の中西宏明会長は22日の記者会見で、政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を全面解除したことに関し、会員企業にテレワークの活用や大人数での会食自粛などの感染対策を引き続き徹底するよう通知したことを明らかにした。中西氏は今後も「(感染防止に)国を挙げて取り組まなければならない」と強調した。
 東京五輪・パラリンピックの海外一般客受け入れ断念については、「観客の安全第一を考えた上での苦渋に満ちた決断だ」と理解を示した。その上で、「経済的な損失も大きいが、開催する意味は十分ある」と述べ、五輪開催を改めて支持する考えを表明した。 (C)時事通信社