Jリーグは22日、オンラインで臨時実行委員会を開き、新型コロナウイルス対策の新規入国停止により来日が遅れている新外国人選手が入国した際に、福島県のJヴィレッジで受け入れるなどの隔離措置の詳細を各クラブに伝えた。村井満チェアマンは「一括してJリーグの責任の下でやっていく。責任は大きい」と述べた。
 入国後に陰性であれば、空港から専用車でJヴィレッジへ移動。貸し切りの宿泊棟で外部との接触を断つ「バブル」を形成し、毎日の抗原検査と定期的なPCR検査を行うという。陰性が続けば、4日目からグラウンドでの個別トレーニングができるようになる。
 Jヴィレッジに入るのは選手43人の予定で、J1徳島のポヤトス新監督やスタッフは各クラブ管理の下で自主隔離期間を過ごす。
 緊急事態宣言の全面解除に伴い、東京など1都3県の観客動員数の上限を、1万人もしくは収容50%以下の少ない方に緩和することも決まった。 (C)時事通信社