新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐり、詐欺容疑で事務所の元スタッフが逮捕されたことを受け、総務副大臣の熊田裕通衆院議員(愛知1区)は22日、名古屋市の事務所で記者会見し、「警察には全力で協力する。事実なら許し難い行為で、心よりおわび申し上げたい」と謝罪した。事務所の不正への関与は否定した。
 熊田氏によると、約2年前に支援者から、逮捕された加藤裕容疑者(34)を「若い経営者」として紹介された。同容疑者は政治を志しており、熊田氏は「自民党愛知県第一選挙区支部 事務局」と記した名刺の所持を許可。同容疑者はボランティアでチラシを配るなどの活動をしていたという。
 加藤容疑者は、名刺を使い給付金の申請者を募ったとされる。事務所側の聞き取りには、給付金の詐取を全面否定したという。 (C)時事通信社