日本サッカー協会は23日、横浜市内で合宿中の日本代表の斉藤俊秀コーチ(47)が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたと発表した。チーム内に濃厚接触者がいないことから活動に支障はなく、25日の日韓戦、30日のモンゴル戦は予定通り開催するとしている。
 斉藤コーチは合宿開始前日の21日の検査では陰性だったが、22日朝の検査で陽性が判明。発熱などの症状は出ていないという。日本協会の反町康治技術委員長は「全員で集まる活動の前に判明したので、基本的に選手との接触はない」と説明した。
 日本代表は感染対策として宿舎ではスタッフと選手のフロアを別にし、頻繁に検査を行うなどの厳戒体勢の中で活動している。 (C)時事通信社