日本オリンピック委員会(JOC)は23日、東京都内で理事会を開き、東京五輪の日本選手団壮行会などの関連イベントについて、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、規模縮小や見直しを進めることを決めた。
 五輪・パラリンピック両大会後の合同パレードも実施は困難な見通しで、オンラインを活用しての代替イベントなども検討していく。2016年リオデジャネイロ大会の合同パレードは東京・銀座で行われ、沿道には約80万人が集まった。 (C)時事通信社