西村康稔経済再生担当相は23日の記者会見で、宮城県で新型コロナウイルスの感染者数が急増していることについて、「まず時短要請で事業者、県民に協力してもらい、何とか(感染拡大を)抑えていきたい」と語った。25日から仙台市で始まる酒類を提供する飲食店などへの営業時間短縮要請の効果を見極める方針だ。
 また、西村氏は病床の逼迫(ひっぱく)状況を特に注視する考えを示し、「必要があれば機動的にまん延防止等重点措置を活用することも考えている」と説明した。
 菅義偉首相は23日、西村氏や田村憲久厚生労働相、河野太郎規制改革担当相らと首相官邸で会談し、宮城県などでの新型コロナ感染やワクチンの接種状況をめぐり協議した。 (C)時事通信社