【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク株式相場は、米国内外での新型コロナウイルス感染拡大への懸念から反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比308.05ドル安の3万2423.15ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は149.84ポイント安の1万3227.70で引けた。
 欧州で、変異したウイルスの感染が拡大。米国では新規感染者数の下げ止まりが見られる中、感染防止策の緩みへの不安が出ている。市場では経済活動の正常化期待が後退し、金融株やエネルギー株など景気変動の影響が大きい銘柄や、経済正常化で恩恵を受けるレジャーや航空関連株などが売られた。 (C)時事通信社