日本医師会の中川俊男会長は24日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数が宮城、山形両県などで大きく増えていることについて「地方都市の急増は非常に心配。病床を確保しようとしているが限界がある」と述べた。変異ウイルスの影響については「関与がかなり出ているのではないか」と指摘した。
 中川氏は、緊急事態宣言解除後の政府の対応について、宣言に準じた対策が可能になる「まん延防止等重点措置」の早期検討を改めて要請。「早ければ早いほど有効。(同措置は)知事が市町村単位できめ細かく、重点的に感染対策ができて、機動性が高い」と理由を説明した。 (C)時事通信社