熊田裕通総務副大臣は24日、衆院内閣委員会と総務委員会の連合審査で、新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐり、詐欺容疑で事務所の元スタッフが逮捕されたことについて「改めて国民の皆さまにおわび申し上げる」と陳謝した。「事務所に出入りしていた者が逮捕されたことは厳粛に受け止めている」とも語った。立憲民主党の高木錬太郎氏への答弁。
 ただ、この後の内閣委で「与えられた職責を果たしていくことが私の取るべき責任だ」と述べ、辞任は否定した。立憲の中谷一馬氏に答えた。 (C)時事通信社