茂木敏充外相は24日の参院予算委員会で、在外邦人の新型コロナウイルスワクチン接種を目的とした一時帰国の支援を検討していることを明らかにした。自民党の青山繁晴氏への答弁。
 茂木氏は「安心で効果のあるワクチンを打ちたくて一時帰国するには、さまざまな問題がある」と指摘。支援の実施に向けて厚生労働省や国土交通省など関係省庁と調整を進める考えを示した。 (C)時事通信社