厚生労働省は24日、今後の新型コロナウイルス感染者の大幅な増加に備えた医療提供体制を整備するよう、都道府県などに通知した。厳しいケースとして、1日当たりの新規感染者数が今冬の2倍程度に増えた場合などを想定。一般医療の制限も含む緊急的な対応方針をつくり、4月中に報告するよう要請した。また、既に各都道府県が策定している病床確保計画を5月中に見直すことも求めた。
 今冬のコロナ感染拡大では、各地で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)。各都道府県は昨夏に計画をまとめたが、想定通りに病床を利用できないケースも相次いだ。今後「第4波」が懸念されることを踏まえ、厚労省は改めて各地域に対し、病床や宿泊療養施設の確保などの検討を求めることにした。 (C)時事通信社