エディオンは25日、飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」を活用した家電の販売・配送サービスを30日に始めると発表した。東京都内と大阪市内の計3店舗を対象に、顧客はウーバーイーツのスマホアプリから電池など消耗品やドライヤーなどの小型家電を注文し、配達してもらえる。消費者の利便性を向上させ、新型コロナウイルス禍で広がる巣ごもり需要に応える。
 ウーバーイーツを利用した家電の販売・配送サービスは、日本の家電量販店で初めて。エディオンはウーバーイーツと連携することで、自宅以外にも配送が可能となる。当初200点でスタートする対象品目や実施店舗は増やしていく意向だ。 (C)時事通信社