西日本鉄道は25日、中期経営計画を見直し、ホテルや遊園地の閉鎖など構造改革を実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により主力の交通事業などの低迷を受けたもので、事業の縮小や不採算店舗の閉鎖にも着手する。同社の今年度の通期業績は赤字に転落する見通しで、事業構造を見直し2021年度の黒字化を目指す。 (C)時事通信社