近鉄グループホールディングスは25日、傘下の8ホテルを米投資ファンド大手ブラックストーン・グループに売却すると発表した。10月1日付で、売却額は数百億円規模とみられる。ホテル事業は新型コロナウイルスの影響を受けて業績が悪化しており、事業を再構築する。
 売却するのは都ホテル京都八条(京都市)やホテル近鉄ユニバーサル・シティ(大阪市)など。昨年3月末時点の簿価は8ホテル合わせて423億円。売却後も運営は近鉄グループが担う。ホテル名は変わらず、従業員も解雇しない。 (C)時事通信社